皆さんこんにちは!今アメリカの大学に長期留学しているHirofumi です!

今回は留学中の勉強法について書きたいと思います!

前回のブログで留学前の勉強法について記事を書きました!

そしてこの記事でも言いましたが、重要なのは留学前よりも留学中の勉強法及び勉強量です!

 

今回は、アメリカの大学で1学期間を終えた僕が思う留学中にオススメの勉強法を紹介したいと思います!

HIRO
もちろん留学前にも勉強していないと大変なことにはなりますが、、、

 

1 とにかく外国人に会う

これが一番重要です!

なぜなら、留学の最大のメリットというのが、簡単に英語のネイティブの人たちと会って話せるということだからです!

日本であればそもそもにネイティブスピーカーに会うのすら一苦労します。

ここで重要なことを言います。

相手の言っていることがたとえわからなくても構いません。

いやそれじゃあ、あっても意味ないんじゃないの?と思う方がいるかもしれません。

HIRO
しかしそれが意味あるんです!!

僕は毎週数人~10人くらいの友達と一緒にご飯を食べたり勉強したりしています。

最初はその人たちの空間にいることすら辛いです

なぜなら、

  • 何を言っているのか基本的にさっぱり分かんない
  • 内輪の話なんて分かるわけもない

からです。しかし、毎週欠かさずその友達に会っていると慣れます

もっと言うと

  • そもそもに英語をしゃべっている空間になれる
  • その人たちと一緒にいることになれる
  • 英語自体になれる

HIRO
ここまで来たらもうこっちのもんです!

最初の1ヶ月は何を言っているのかわかりませんが、だんだんと雑音だった英語が単語やチャンクとして聞こえて来ます。

聞きたいことは聞けるし、間違うのも全然怖くないし、何よりその人たちと英語を話していることが心地よく感じるようになります!

HIRO
知らない人同士から、そのようになるまで僕は3~4か月かかりました、

なので重要なのは継続です。

HIRO
現地の人たちは僕たちのちょっとやそっとの間違いは、まったく気にしませんし、普通に無視します、、

なのでこっちも気にせずにガンガン行ったほうがいいと思います!

最初は10個のボールを投げて、半分でも返してくれればいいかなーくらいですよ(笑)

 2 新しい単語を覚えたら使ってみる

これもすごく重要です。

なぜなら、知っている単語=使える単語ではないからです。

新しい単語を自分の言葉で三回使ったら、その単語は初めて自分の単語になる!

アメリカの教授

とおっしゃっていました。

知っている単語(習った単語)→使える単語にするにはもちろんその単語を使うしかありません!

授業中でも友達と話しているときでも、なるべく習った単語を使うよう心がけるのが、

一番良い方法だと思っています。

 

 3 単語は書いて覚える

最後は一番当たり前なことなのですが、書いて覚えることも重要です。

英語をしゃべる練習ばかりに気を取られているとおこることなのですが、発音と意味は知っているのにつづりが分からんということが頻発します。

HIRO
簡単な単語ほど書く機会もないので忘れます(笑)

せっかく覚えた単語なので、つづりもしっかりかけるようにしておいたほうが絶対に良いです!

HIRO
試験で忘れるとえらいことになります(した)(笑)

 

まとめ

以上に挙げたものが、この半年間実践してきて重要だと感じたものです。

まあ結局は努力した分だけがついてくるというわけですね!

これが絶対ではありませんが、参考にしていただけると幸いです。

留学前にあまり勉強してこれなかった人はぜひこれを見て挽回してください。

 

今回は以上です

スポンサーリンク
おすすめの記事