皆さんこんにちは!今アメリカの大学に長期留学中のHirofumiです!!今日散髪に行くつもりなのですが、中国から来た友達から「アメリカの床屋に行く前に帽子を買っておけ」とアドバイスされ、今行きたくない気持ちでいっぱいの今日この頃です😂😂

そんなことはどうでもよく、今回のお題は「留学前にディスカッションだけは慣れておけ!!」です!!僕はアメリカに留学する前にかなり英語の勉強をしましたし、もちろん専門科目の勉強もしました。

 ---まあ当たり前と言っちゃあ当たり前なのですが、、、、

 ---個人的には頑張ったんですよ――🤣🤣

ですがそれだけでは足りませんでした。

もっといったら留学前に準備しなければいけないのは"英語"だけではありません!!!

留学前の自分に言いたい、、、、、

ディスカッションにだけは慣れてからいけー😣😣😣

ってね!!

 

f:id:ahirofu:20181209044441j:plain

そもそも海外の授業は日本とどう違う??

さて日本と海外の授業はどう違うのでしょうか??

---これから留学に行く人はある程度情報を仕入れていると思いますが、

日本の授業は、講義形式大人数制かつ教授の言っていることをひたすら理解するって感じですよね??

それに対して、アメリカの授業は(海外一般では)、

  • 講義形式とは限らない(輪になっての話し合いや、少人数制のプロジェクト)
  • 基本的には少人数制
  • 学生参加型

です!!!

---たまに日本っぽい授業もありますが、、、

そして授業が以上のような形態をとっているため、必ずと言っていいほど意見を求められます。

これは基本的にそんなに大変ではありません。なぜなら、ある程度当たり障りのないことを言っておけば大丈夫だし、必ずしもこたえなくてはならないわけではありません。

ですがディスカッションは違います!!

なぜディスカッションの準備をしなければならないのか??

まず皆さん、そもそもにディスカッションをした経験がありますか???

---僕はありません!!!!!

そうなんです!!日本人は一般的に言ってほぼ本格的なディスカッションをした経験がないんです!!

---少なくとも小中高大すべて公立上がりの僕は経験がありません😂😂

そしてしまいには、、、

---いや自分の思っていることを言うだけでしょ、

という方がいます。(渡航前の僕です🙄🙄)

ですが「自分の意見をすばやく論理的にまとめて言うこと」に慣れていないと全く自分の意見が言えません!アメリカの最初のディスカッションで思い知らされました😂

ましてや、それを日本語ではなく英語で伝えなければなりません!!!

英語で伝えることもままならないときに、慣れていない英語のディスカッションに参加すると間違いなく爆死します。

なので少なくともディスカッションにだけでも慣れておくと、たとえ英語が流ちょうに喋れなくても何とか自分の意見を伝えることができます。

授業に参加できます!

逆に授業に参加できなかった~と感じると次の週からその授業に行くことがとても嫌になります。

 

なので渡航前に英語の(なければ日本語でもよい)ディスカッションの授業やサークルなどに参加して、ディスカッション自体に慣れておくことを強くお勧めします!!

 

それに対してプレゼンテーションは比較的簡単です。

なぜなら少なくとも今までに課外活動や授業などで少なくとも数回はプレゼンテーションの経験があり、コツを知っているからです。

 

いかがだったでしょうか??僕は僕の二の舞になる人を少しでも減らしたいと思い、この記事を作成しました。最後にもう一回だけ言っておきます!!!!

留学前にディスカッションだけは慣れておけ!!

 

またディスカッションのコツについての記事もあげようと思います!!!

---博士課程の学生たちを一泡吹かせようとかなり試行錯誤したためいろいろとアドバイスできるかと、、、、

 

 少しでも「いいな!」「面白いな!」と思ったら、シェアや読者登録していただけると幸いです😁
またブログ村のランキングにも参加しているのでついでにぽちっとよろしくお願いします!

 


にほんブログ村

 

 

時間がある方はこちらもどうぞ!!

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事