さて今回のお題は「英語学習に良い海外ドラマはFriendsじゃない!?」です!!

皆さんに聞きたいのですがFriendsって面白いですか??😅

---まあ面白いは面白いけど、、、ね、、続けて見ようとは思わない、、

これが僕の感想です😅

海外ドラマで英語を勉強しようとしたとき一番大事ことは継続して楽しくみられるということだと思います。

 つまり、英語の学習目的で海外ドラマを見るのではなく面白くて海外ドラマを見続けた結果、気づかないうちに英語が上達しており、結果として海外ドラマで英語が勉強できた!ということが大事なのではないでしょうか??

たまにテレビで見ますよね、日本のアニメが大好きでたくさんアニメを見て、結果として日本語がある程度しゃべれる外国人がテレビのニュースなどで取材を受けたりなんたりかんたり、、、

なので今回は僕がおすすめする継続して見られる海外ドラマ海外ドラマを使った具体的な勉強法を紹介したいと思います!!!

 

f:id:ahirofu:20181206005559j:plain

おすすめThat '70s Show!

www.imdb.com

どうですか皆さん!知っていますか"That '70s Show"?😊😊アメリカではすごくポピュラーなコメディードラマなのですが、あんまり日本では有名ではありませんよね、、

---僕だってアメリカの友達におすすめされて見たんですから😙

そして断言できます!

That '70s ShowはFriendsの100倍面白い!!

 ---100倍は言いすぎましたね😅😅

でもお本当にそのくらい面白いんです!!!だって僕は全シリーズ見ましたから!!!

それではおすすめする理由を紹介していきましょう!!!

 

理由①そもそもの設定が面白い!!

 設定は70年代アメリカウィスコンシン州の田舎の高校生たちの日常です!!みんなが地下室に集まり面白いことはないか、ガールフレンドを作りたい、バカなことを考えたいなど現地の高校生の生活や心情が面白おかしく描かれています!!

理由②それぞれのキャラクターに個性がある!!

 皆さん!ワンピースがなぜ面白いのかわかりますか??

一つ重要な点としてそれぞれのキャラクターに個性がある!!ということですよね??

ルフィ→とにかく前向きで仲間思いの挑戦者!!

ゾロ→大剣豪になるためにどんな努力もいとわないけど仲間思いの一面もあり😎

サンジ→料理が得意で女好き→レディーにやさしい😍

などなど、かぶっているキャラは一人もいません!

それぞれが違う、しかも強い個性を持っています!!

---That '70s showも同じなんです。

主なメンバーはこんな感じです↓

エリック・フォアマン→気弱で頼りないが優しい高校生(ドナが好き)😍

ドナ・ピンチオッティ→エリックの家の隣に住んでいるきれいな赤毛の女の子(多分ヒロイン)😊

スティーブン・ハイド→ファンキーでヤンキーなthe 70年代の高校生!😎

マイケル・ケルソー→女好きでたらしだが底抜けのおバカな憎めないやつ(一番好きなキャラ)🤣🤣

ジャッキー・バークハート→金持ちで高飛車な女の子😏

フェズ→アメリカの高校に留学してきた交換留学生でちょっと抜けてるけど、ダンスが得意でたまにめちゃくちゃカッコいい🤩

ほら、ワンピースと似ていませんか???😆😆

 

理由③シリーズの豊富さと1エピソードの長さ

 That '70s Showのシリーズの多さは半端じゃないです!!前8シーズンもあり、それぞれのシーズンに平均20話が収録されています!

しかも1話30分弱で終わるのでいつでもどこでも気軽に見ることができます!!

それでは次に具体的な勉強法です!!

具体的な勉強法!(音声字幕ともに英語にするな!)

 それでは具体的な勉強方法について説明します😄

タイトルにも書きましたが音声字幕ともに英語にしては絶対にいけません。なぜなら何言っているかわかんないからです(笑)

長期留学中の僕でさえ言っていることの半分が分かればいいなというくらいで見ています!!

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 この記事でも書きましたが、言葉には必ずといってもいいほどその国の、その時代の、文化が入ってきます!!

--- 70年代のアメリカのウィスコンシン州の田舎の文化をわかっている人が日本にどれほどいるでしょうか、、、、、

 

 なので音声字幕両方とも英語にするというのは絶対にやってはいけないことなんです。

もっと言えば初めからすべてを英語で理解しようとしたら必ず挫折します

 

 字幕→日本語&音声→英語

---結局日本語字幕で見たら意味がないんじゃないか🤔🤔

  と思う方がいらっしゃると思います。

ですがこれが意味があるんです!!!

 例えば、何十話も見ていたら気づくのですが、ドナは驚いた時に必ずと言っていいほど"What the heck"(なんてこった)といいます!

そして、このフレーズを僕の友達は頻繁に使います。

---"What the heck, what the heck"って言います(笑)

外人はよくこのような単語やフレーズを使って自分の感情を表現するので、このようないわゆるスラングが留学中や外人との会話中に必要不可欠です。

---絶対に"I'm surprised"なんて言いません(笑)

相手が怒っているのか、驚いているのか、それだけでも分かればそれに対して何か返すことができ、会話を続けることができます。

つまりドラマから学ぶ英語とは、よく使うくだけたカジュアルな感情表現を学ぶということになります!!

それが、結構今の留学生活に生きているのでぜひ試してみてください!!!

---悪い言葉もたくさん出てきますが、それもこちらでよく耳にします(笑)

 まとめ

結局、海外ドラマで英語を学習しようとしたときに重要なことは、楽しんで継続するということです。

それではThat '70s Show楽しんで見てください!

 

今回は以上です。

 

少しでも「いいな!」「面白いな!」と思ったら、シェアや読者登録していただけると幸いです😁
またブログ村のランキングにも参加しているのでついでにぽちっとよろしくお願いします!

 


クリエイティブライフランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

 

時間があればこちらもどうぞ!↓

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事