みなさんこんにちは😄今アメリカの大学に交換留学中のHirofumiです!
これから留学を考えている人やもう留学に行くことが決まっている人でどんな単語を勉強すればよいか悩んでいる方も多いと思います!!
→僕もかなり悩みました😥😥😥😥😥

 

f:id:ahirofu:20181124045504j:plain

 なので今回はその問題を解決すべくブログを書いていきます!!!

 

 

語学試験で必要な単語と留学中に使う単語は違う!?

結構違います! 知ってるんだけど使い方がよくわからない単語はたくさんありました!

市販の単語帳に載っている基本的な重要単語及び表現は比較的使います。しかし単語帳などではそこまでハイライトされていない単語で、特に会話を円滑に進めていくうえでどうしても必要な単語群が存在します。

それに対して、語学試験(IELTS、TOEFL)の単語帳にはそれぞれの分野の専門単語(植物学とか)がたくさん掲載されていて、それが試験にも出ますよね???

僕がIELTSを受けたときは、心理学や産業革命に関する問題が出題されました、、

しかし工学部である僕が歴史について語る機会がどれほどあるでしょうか、、ましてや会話中に心理学なんて、、、、

よってまず最初に意識しておいてほしいことは語学試験で重要な単語と留学中に必要な単語は違うということです!それでは紹介していきましょう!

1.Basically--(気が付かないうちに会話に使っている!!)

僕がダントツ推しの単語がこれです! ほら、みんな今ぽかんとしていますよね?笑

こいつこれだけ言っといて、なんかマイナーな単語あげてきやがったって思ってますよね?笑

でもこれが本当にめちゃくちゃ使えるんですよ!!それではいきましょう!

Basically (基本的な意味) "つまり"、"要するに"、"基本的には"という意味です。よく使うのは" 基本的には"という意味の方です。

考えてみてください。

  • 基本的には、こうこうなんだけどね~
  • 基本的に、こうしたほうがいんじゃない?

ほら、僕たちは知らぬ間に使ってますよね?  こういう単語はもちろん外国の人たちも好んで使います! みんな気づかないうちに、もっと言えば使わなくてもいいのに何度も使っています! ただ自然とセンテンス内に入れちゃうんですよね(笑)

またもう少し砕いて考えてみましょう。 基本的には→普通は とも考えられますよね? なのでこんな感じでも使えます。

毎日朝ごはん食べてる?(Do you eat breakfast everyday?)

まぁ普通はね。(Yeah,basically)

日本語で"普通はね"って言いますよね??? それにちょうど当てはまるのがBesicallyなんです!

  I usually 〜などとは絶対に言いません笑笑 本当に使える副詞なのでぜひ使ってみてください!

2 Specific--(授業で必須!)

さてお次はみんながあんまり好きでないであろうspecificです。

覚えて欲しい意味はたった2つだけで、具体的な特別な だけです。英語では基本的に話や文章を書くときに抽象→具体の順で書いていきます。 なので、よく宿題の最後に be as specific as possible (なるべく具体的に書いてください。)などと書いてあります。

またアメリカの先生はよく具体例を挙げてみなさいと生徒たちに問いかけることがあります。 "Do you guys have any specific examples?" (具体的な例はありますか?)

specific はこんなかんじですかね~

3 hopefully--(友達に誘われたときに)

さあ、意味は予想つくけど見慣れない単語ですよね?? 意味としては希望を持ってだの書いてありますが、もっと砕いてわかりやすい意味になおすと、心の中ではいきたいと思っているけど可能かどうかわからないときに使う言葉です。希望的観測を持ったMaybeという感じです。 具体例で一発です!

<もし来週パーティーに行かないかと誘われたときに、、、>  

(返事)--Hopefully!

いわれた相手は、まあ宿題とかがない限りは多分この子は来るなと思われます。自分の誘いに興味を持ってくれていることが分かります。

一方、

(返事)--Maybe!

いわれた相手はこいつそっけないなぁ、まあ来ないだろうなと思われます(笑)

Hopefullyはこんな感じでしょう。

4 work--(友達との約束をSNSでするときに)

まず、Work =働くではありません。

work にもいろんな意味があり一番よく使うのが 都合がつくという意味です。

I’m free this Wednesday, but does it work for you?

(今週の水曜日が暇なんだけど、どうかな)

みたいな感じでとても使います!

5 a bunch of--(みんなが使う新しいmany)

これは原義としては一房の1束のという意味なのですが、それ以上にmany と同じ意味で使われることがダントツで多いですというかa lot of やmany はなかなか聞きません笑笑特にネイティブからは笑笑 僕は授業中に先生がこの単語を乱用するので最初は何を言っているのか全くわかりませんでした笑笑 しっかりと覚えておきましょう!

これらの単語をどのように使うのかを考えてから留学に行くだけでも全然違ってくると僕は思います!! みなさん一緒に頑張りましょう!!!!

Vol.2もお楽しみにーー!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

時間があればこちらもどうぞ!↓

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

 

hiroryugaku.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
おすすめの記事